二重整形の相談【事前に先生に質問ができちゃう】

婦人

魅力的な目元をつくる

鏡を見る人

押さえておくこと

二重整形の一般的な施術法としては、切開法と埋没法のふたつの二重整形があります。埋没法に関しては、糸を使ってまぶたをつなげることで、二重の形を作り出す施術です。わざわざ皮膚を切り開かずにすみ、施術の際あまり時間はかからないのが、良い点として挙げられます。さらに、切開法と比べても費用を安くすませられ、施術した後何日か経てば腫ればひくことからも、埋没法は現在人気を集めています。ただし、何年か経ってから糸がほどけてくると、元の状態になる場合もあるので、糸がほどけた際きちんとした保証を受けられる病院で、施術を受けるのがベストです。一方、切開法についてはまぶたを切り開き、二重の形を作り出す施術になります。この切開法というのは、3センチほどまぶたを切り開く全切開法と、1センチほどまぶたを切り開く部分切開があります。たとえば、まぶたに厚さがある方であれば、全切開法で厚みのもとになっている脂肪を、よりたくさん取り除く方がよいでしょう。部分切開法に関しては、まぶたの厚みがそこまでない方に適した施術となっていて、全切開法と比べても、施術した後の腫れがほとんどないことからも、人気があります。
二重整形ですが、その特徴として、幅広く存在する形の中から自分が望む形をチョイスし、希望の形を作り出すための施術を行います。そこで、どんな形があるかというと、末広型や奥二重、幅広の平行型などの様々な形があります。まずは、奥二重に関しては、パッと見ると、一重の変わらないよう見えますが、二重がさり気なく潜んでいる状態の形です。つぎに、末広型ですが、目尻から目頭まで作られている形で、日本人の顔に一番馴染みやすい形となっているのが特徴です。それから、平行型については、幅広のものと幅が狭くなったものがあり、その幅は均一になっています。とくに、幅広の平行型ですと、目がパッチリと仕上がり、深いホリがあるように見えることからも、外国人フェイスを手に入れた気分を味わえるでしょう。以上のように、二重と一口で言ってもその特徴は様々ですが、カウンセリングの際、医者に自分の希望をきちんと話すことが大事です。仮に、どういった形に整形したいかはっきりしていない場合でも、カウンセリングする中で、術後の目元をシュミレーションしながら決めることができます。