二重整形の相談【事前に先生に質問ができちゃう】

婦人

理想の目元を手に入れる

ナース

覚えておくこと

二重整形を二種類に分けると切開法と埋没法があり、糸をまぶたに入れて二重の形を形成し、そのままキープさせるというやり方が埋没法になります。この埋没法に関しては、皮膚をカットしないので目立つ傷がほとんどつかず、針穴くらいのコンパクトな傷ですむため、時間をかけることなく回復できます。よって、埋没法で整形を進めることで、元々の美しい肌に速やかに戻れるでしょう。ただ、埋没法で心配される点としては、簡単に行える二重整形ということから、糸がすぐに外れてしまうのではないかということです。ですが、長い間維持できる施術法を取り入れていることや、あまり目立たない糸を使って施術を行っているので、安心感を持って施術に挑めるでしょう。それから、埋没法といっても切開法と同じように、魅力あふれる二重の形を維持できる施術も、中にはあります。施術を受ける病院にもよりますが、患者の要望にあわせた施術が、導入されている場合もあるので、自分の理想通りの二重を手に入れることが可能です。
また、切開法や埋没法などの二重整形を通して、目元を二重に仕上げることだけが、美しい目元に仕上げる方法ではありません。例を挙げると、二重整形に、たれ目形成や目尻切開などを取り入れると、自分が望む目元へより近づくことができます。まずは、目尻切開ですが、顔のイメージチェンジをする目的がある場合、目尻をカットすることで、目元にインパクトを持たせることが可能です。目尻切開を行う前には、ドクターと自分のイメージをきちんと話し合い、施術のやり方を細かく決めていきます。つぎに、たれ目形成に関しては、グラマラスラインと言われる施術を利用し、黒目の外側の下まぶたを下に引っ張ることで、丸みのある曲線を作り上げていきます。これにより、白目のサイズが多少大きく感じられるようになるため、実際の目よりも大きく見せることを目的とする方にはおすすめです。ちなみに、カウンセリングの際、自分が希望する目の印象を話すと、ドクターから適切な施術を告げられることもあるので、念のためそのことを覚えておいてください。