二重整形の相談【事前に先生に質問ができちゃう】

婦人

手術の種類や注意点

目

手術前に知っておくこと

美容整形をすれば一重や奥二重のまぶたを修正し、はっきりとした二重まぶたにできます。手術の方法は様々ありますが、一番人気なのが「埋没法」のプチ整形です。埋没法は、低リスクでメイク感覚でできる整形です。埋没法では髪の毛よりも細い糸をまぶたの裏側から入れます。傷跡が目立つことはないので、手術をしたあとの仕上がりは自然です。糸を入れますが抜糸をする必要はなく、糸で止めている限り二重まぶたが持続します。切開する手術には、「部分切開法」と「全切開法」の二つのタイプがあります。まぶたが腫れぼったくどうしても埋没法ができない場合は、部分切開法または全切開法が勧められるのが一般的です。切開する範囲を最小限にとどめたいなら、部分切開法が最適です。数ミリだけ切開していらない脂肪を取り出してから二重まぶたを作ります。すべて完成に切開するのが全切開法です。メスでまぶたを切開してはっきりとひだを作る美容整形です。一番リスクがある手術ですが、完璧な二重まぶたになれます。
プチ整形の埋没法でも切開する切開法でも、二重の美容整形をしたあとは注意事項をしっかり守ることが大切です。まぶたの腫れ具合には個人差がありますが、どんな人でも多少なりとも腫れます。手術のときに緊張してグッと力を入れると術後にまぶたが腫れやすいとも言われています。腫れを抑えたいなら、なるべくリラックスした状態で手術に臨むことです。腫れている間は、まぶたを強くこすったりいじったりしないように注意をする必要があります。刺激をあたえると腫れが悪化して二重のひだが安定しなくなります。また、手術から数日はコンタクトレンズの装着や、アイメイクや目元の強いクレンジングは避けることも大切です。メイクは目元以外であれば翌日からでもできます。目の周りの内出血あとはコンシーラーなどで隠せますが、クレンジングでごしごしこすって刺激を与えるのは禁物です。クレンジングオイルでそっとふき取るようにオフするのがお勧めです。切開法の場合は抜糸をしたあとからメイクができますが、腫れがひどいようならしばらく避けるのが無難です。